マンションを高く売るには


マンションを売ろうと決めたらまず行わなければいけないのが仲介会社選びです。

実は、仲介会社によって査定額は1割も違ってくるそうです。1割くらいならと思うかもしれませんが、金額が2000万、3000万もするマンション売却では1割はかなりの金額になります。

ただ、査定額が高い業者だから良い業者かというと注意が必要です。査定額が高いからといって高く売れる保証はありませんし、業者が仲介契約を取りたいがために高めに付けているだけかもしれません。相場とかけ離れた価格はよほど物件が良い条件でない限り売れず、価格見直しを余儀なくされる可能性が高いと考えましょう。

また、逆に低い査定額を提示してくる仲介会社も考えものです。価格を下げればもちろん売れやすくなるのは確かですが、もっと高く売れるはずなのに早く売りたいという業者の思惑で価格がはじめから下げられているかもしれません。

それと、仲介契約を結ぶとその後の営業活動はその仲介会社が行いますが、その営業力が弱いと売れる物も売れないといったことも起こります。営業マンの力量がどれほどのものか事前に知るのは難しいですが、契約前にどんな計画で広告をしたり営業活動をするのか詳しい説明がない会社はどうかと思います。こちらから質問しなければ回答が来ないとか、いいことしか言わない仲介会社は辞めておいた方が無難かもしれません。

このように、マンションを売るには、まず仲介会社選びが大切になってきます。知り合いや近所の不動産会社などに査定を依頼しておしまいということではなく、できるだけ多くの仲介会社に査定を依頼することをお薦めします。

ただ、何社も査定を依頼するのも大変ですから、最近では、簡単に複数の不動産業者に無料で一括査定できるサイトを利用する方が増えています。一括査定サイトを使えば1度の登録で複数の不動産業者にまとめて依頼をかけられるのでとても楽です。

一括査定を依頼すると、査定後も仲介会社から電話やメールがかかってくると思いますが、それを面倒がっていてはマンションをできるだけ高く売るのは難しいでしょう。普通の人は一生に何度もマンションを売ることはありませんから、一生に一度と思って精力的に動きましょう。

それに、査定したらどこかで必ず売らないといけないわけではありません。今すぐ売りたい訳じゃないけど「もし売ったらいくらくらいになるのかな」といった軽い気持ちで査定依頼しても怒られませんので安心してください。

信頼できる不動産屋だけが集まる一括査定サイトはこちら!

販売開始からどれくらいで売れる?

マンションは販売開始ですぐに売れるものではありません。すぐに売れるのであれば相当魅力のある物件か、価格設定が安い物件だと思います。一般的には大体6ヶ月以内に売却できればOKという感じでしょうか。

その6ヶ月の間に仲介会社がどれだけがんばってくれるかにもよります。価格の見直しが必要になることもあるでしょう。

内覧会では

販売開始をすると問い合わせが入り、内覧希望者も出てきます。内覧前にはきれいに掃除をして、不要なものは見えないように片付けておきましょう。買う人はその内覧の印象が大事になります。「売るときはきれいに掃除するから」とは思ってもどうしても内覧の時の物件のイメージが残ってしまいます。また、いま住んでいる売り主であるあなたの印象も大事です。売った後はお付き合いはありませんが、やはり印象が残ってしまいますから対応には注意した方がいいと思います。

もし、ファミリータイプのマンションなら、家族も一緒に内覧会に参加するといいでしょう。特に奥様には女性ならではの視点の質問がされることもありその受け答えも購入の後押しになることもあります。

価格は適正か?

販売を開始すると問い合わせが入りますが、2週間くらいしても問い合わせが0件〜数件程度の場合は、価格が高すぎる可能性があります。もう少し様子を見て問い合わせが増えないのであれば価格を下げるという判断も必要かもしれません。

仲介会社がちゃんと営業活動をしていないという可能性もありますので、もし問い合わせが少なければ仲介会社に理由の説明を求めた方がいいと思います。価格はそのままでもきちんと営業をしていれば問い合わせが増えることもあります。

また、チラシやパンフレットの出来映えも問い合わせ件数に影響してきます。素人が作ったようなチラシよりカラーできれいに印刷され特徴が分かりやすく書かれているチラシの方が多くの人の目に止まります。

仲介業者を変えることも

仲介契約には大きく別けて専任媒介契約と一般媒介契約があります。専任媒介契約は3ヶ月以内の契約期間がありますのでその間は仲介業者を変えるということはできませんが、その期間内で問い合わせが少なく、仲介会社もあまり営業している様子が伺われない、信用できないということがあれば、思い切って別の仲介業者に変更するのもいいと思います。

なお、専任媒介契約は1社としか契約できませんので、他の仲介業者と二重に契約を結ばないよう注意しましょう。一般媒介契約の場合はそのような制限はなく何社とも契約できますが、業者としての営業の取り組みは弱くなります。

専属専任媒介契約には注意

専任媒介契約には、専属専任媒介契約と、専任媒介契約の2種類があります。大きな違いは、専任媒介契約は知り合いや親戚など自分で見つけてきた買い主と直接契約することができますが、専属専任媒介契約の場合それができません。つまり買い主を探すのは100%業者任せになります。

仲介業者としては専属専任媒介契約を結べば自分の業者しか売買契約ができないので営業にも力が入ります。売り手としては専属専任媒介契約を選べば早く確実に売ることができると言えます。

売り急いではいないが、じっくり納得の価格で売りたいという場合は、一般媒介契約で複数の不動産会社と契約を結ぶのがいいでしょう。

このページの先頭へ